背中ニキビ 原因

背中ニキビの代表的な原因とは?

「背中ニキビ」は、大人ニキビとかアダルト・ニキビといわれるニキビの一つで、20歳代から30歳代になって「背中」にできたニキビを特定していいます。

では、背中ニキビが何故できてしまうのか、原因を探っていきましょう。

先ず覚えておくとよいことは、身体の中央部に位置している部位は、皮下脂肪が少ない部分では皮脂腺の発達がみられるということです。

ダイエットにはヤーナリズムが最近爆発的に売れてますね。

鼻や顎が脂っぽくなり、ニキビができ易いように、背中は、身体の中央部にあって皮下脂肪が少ないぶん皮脂腺が多く存在し、ニキビができ易い部位の一つです。

腹は、中央部でも皮下脂肪が多いので皮脂腺が少なく、ニキビができにくい部位です。

背中ニキビは、背中に皮脂腺が多くあるために、どうしてもでき易くなっているのです。

次に背中の皮脂腺が、ニキビになってしまうわけを見てみましょう。

ニキビの発症は、アクネ菌と活性酸素が関係しているとわかっています。

背中にきびにはジュエルレインが非常に効果的で売れに売れています。

アクネ菌は、嫌気性細菌で皮脂を栄養にして生存し、普段は皮膚を弱酸性に保ち皮膚の健康保全に役立っています。

活性酸素は、私たちが生きて行く上で必要な酸素を使った残りの物質で免疫力を保つという重要な働きをする一方、病気や老化を引き起こす原因の過酸化酸素に変質します。

アクネ菌が皮脂を食べて分泌する物質と、皮膚の表面から2ミリほど通過する紫外線とが結びついて、活性酸素が作られます。

そして毛穴に溜まっている皮脂を酸化物質に変化させ、毛穴周辺を刺激することから炎症を生じさせ、背中ニキビが形成されていきます。

これで背中ニキビのできる理由の一つは、皮脂やアクネ菌や紫外線が関係していることがわかりました。

紫外線については、避けた方が良い面もありますが、健康のためには不可欠な面もあります。日光の浴びすぎは避けるようにして、アクネ菌と皮脂とに注目してみましょう。

背中は、皮脂腺が発達していて皮脂の分泌が多いため、皮脂の好きなアクネ菌が、活発に活動できる部位です。

アクネ菌は、嫌気性細菌ですが、酸素の存在下で生育できるため、好きな皮脂が背中の毛穴に溜まれば、皮膚の表面でニキビを発症させてしまいます。

つまり皮脂がなければ、ニキビができにくいことになります。そこで背中ニキビをこさえないポイントは、背中に皮脂のない環境を整えるということになります。

では、背中に皮脂が溜まってしまうのは何故なのでしょう。当然ですが、背中は身体の裏側のために、手入れの行為や肌の状態を知るのが難儀です。

背中ニキビの発症を防ぐ最大の秘訣は、背中の洗浄を丁寧に行い清潔に配慮することだといえます。背中ニキビを大人ニキビの一つとして捉えるなら、様々な要因が複雑に絡み合っていることが考えられ、背中の洗浄だけでは解決できない場合もあります。

遺伝的な面を除外しても、生活の乱れから生じる不規則な習慣。加工食品や添加物を含んだ食品の摂取過多や高カロリー食品群の取り過ぎなどの食生活の乱れ。

この外にもストレスや生理不順から喫煙習慣や肌に直接触れる下着や衣服の材質にまで複雑な因果関係が生じている時もあります。

保湿にはエバメールが効果的かと思います。エバメールの口コミ情報はこちらのサイトが中々きれいにまとまってます。

生活習慣や食生活の見直しを図ることから、毛穴に溜まる皮脂の低下を招いていけば、延いてはニキビのない美しい背中に生まれ変われることでしょう。

サイトMENU

背中ニキビを退治せよ HOMEへ

Copyright (C) 2011 背中ニキビの原因とは?. All Rights Reserved.